コンクリート診断士による現地での点検指導、ならびに新技術による点検手法の学習や、机上での模擬診断を通じて、橋梁点検・診断実地の実践力を高めることを目的としています。(※本研修は、平成29年度は災害対応等につき、中止とさせていただきました)




 ・開催日:平成28年 10月19日(水)、20日(木)

 ・場 所:(19日)〔現地〕竹下東西1号線 横沈橋 〔机上〕大分市役所 大在支所 1階 第3,4会議室
      (20日)〔現地〕高柿池部線 尾下橋   〔机上〕中津市役所 三光支所 会議室
 ・講 師:協同組合 大分県構造物補修協会
      アイテク(株)代表取締役会長   甲斐 厚  氏
      アイテク(株)取締役 調査部部長 西村 重信 氏(19日のみ)
      アイテク(株)専務取締役     植松 節夫 氏(20日のみ)
      夢想化学(株)代表取締役     泉  保則 氏




時 間 教 科 目
9:15~  集合・受付
9:30~9:40

 研修内容の説明

9:40~10:00  
 現地へ移動

10:00~11:45  現地研修
  ・コンクリート診断士の指導の下、具体の点検方法や着眼点について学ぶ

11:45~13:00  研修会場へ移動、昼食
13:00~16:00  机上研修
  ・新技術を活用した点検方法
  ・グループ討議による模擬診断

16:00~16:15

 アンケート記入・提出、解散 






   

   

   





 ・点検後の判定の難しさを改めて感じたが、実際にみんなで討議をし、いろいろと考えることができてよかったと思いました。
 ・新技術をどのように生かしていくか、自分の技術をどう使うか学ぶ事が出来た。
 ・ドローン使用による点検(新技術)を知れた。
 ・経年劣化による橋梁が多くなっていく中、直接現場で点検・診断の研修を行ったことで、点検方法を詳しく学ぶ事が出来た。
 ・今後、自分で経験することを大切にして、どのように生かしていけるか考えたい。
 ・橋梁点検についてまだ業務でかかわったことがなかったので、点検前に整理すべき事項、点検の際に注意してみる箇所などがわかった。

…などほかにもたくさんの感想をいただきました。